自毛植毛を安心して行うためにお試しプランを利用してみる

SITEMAP

自毛植毛

人工植毛と自毛植毛どちらを選ぶ?

自毛植毛は、主に後頭部から、また健康な毛が後頭部に残っていない時は側頭部から毛を皮膚ごと切り取り、その後薄毛が気になる部分に移植をする植毛方法です。また人工毛植毛は、人工的に作られた髪を移植する植毛方法です。どちらも植毛の方法ですが、圧倒的に人気のあるのは自毛植毛です。
それは自毛植毛には人工毛植毛にはないメリットがあるからです。まず、自分の組織を移植するので、拒絶反応が少ないということが上げられます。人工毛植毛は作られた毛であるので、それが必ずしも自分に適しているかどうかというのは解りません。しかし自毛植毛は自分の毛や皮膚を使うので、違うものを排除しようとする拒絶反応が少なく、植毛後の定着率も高くなっています。
また、自毛植毛で移植した毛は、他の部分の毛と同じように伸び、また他の部分と同じように白髪にもなります。健康な周囲の髪ともなじみ易いので、違和感が少なくて済みます。人工毛植毛は抜けてしまえば終わりで、また植毛を行わなければ毛は生えてきません。こうした理由からも人工毛植毛は定期的なメンテナンスが必要となってきます。その点自毛植毛は、一度移植してしまえばメンテナンスも不要なので非常に人気が高いです。

自毛植毛の術後治療

[自毛植毛の術後治療]
自毛植毛には様々な種類の手術法があります。それぞれ痛み、傷跡の残り方、費用など異なってきます。実際自毛植毛を行う場合、それぞれの特長を理解した上で、自分に合った施術式を選びましょう。
「FUT法(ストリップ法)の痛み」
メスを使って頭皮を帯状に切り取りドナー採取を行うFUT法(ストリップ法)は、頭皮を大きく切開して行うため、どうしても痛みを伴ってしまいます。
切開した部分が大きいためダウンタイム(日常生活に影響がある腫れや内出血など正常に戻るまでの時間)が長いのです。FUT法とは別にARTASやFUE法は、ドナー採取にメスで切開しないため、傷は小さく痛みも少ないのです。また傷跡も小さいので治りも早いのです。
「AGA治療薬を続けないといけないのです」
自毛植毛の施術を行ったら治療が終わりと思っている人も多いと思われます。AGAは進行するため、進行を抑えないと行けないのです。そのためAGA治療薬を続けないと、植毛していない部分が薄毛になり、また新しく薄毛が目立つようになるのです。そのため、自毛植毛を行った後でも薬剤治療を行わなくては行けないのです。
「ショックロスの可能性」
ショックロスとは、術後に見られる既存の毛の一時的な抜け毛増大のことを言います。移植部位と、その移植周囲の局所麻酔を打つ範囲に見られるので、軽い炎症反応や局所麻酔の影響だと考えられております。

自毛植毛をした後の毛はもう禿げない?

遺伝や男性ホルモンの影響により引き起こされるという「AGA(男性型脱毛症)」。そんなAGAの方にとって、自毛植毛は画期的な植毛方法です。一度植毛をしてしまえばメンテナンスも必要がありません。自分の毛なので他の部分と比べても違和感もなく、手術の際も拒絶反応が少なく定着すればその部分からずっと毛が生えてきます。
ここで一つ疑問に思われるかもしれません。実際AGAで薄毛になったという方は、自毛植毛をしてもそこの部分はまた抜けてしまうのではないか?というところです。せっかく自毛植毛したのに抜けてしまっては困ります。
でも、実際は自毛植毛で移植をした場所は、今後も抜け落ちる可能性は極めて少ないのです。なぜなら、自毛植毛は自分の後頭部や側頭部にある健康的な髪を使用しているからです。この後頭部や側頭部に生えている毛は、そこに生えているから健康であるというわけではありません。実際後頭部や側頭部の髪の毛は、元々男性ホルモンの影響を受けずらくなっているので、薄毛になりにくいんです。この薄毛になりにくい性質を持った毛を皮膚ごと移植する事により、新たに生えた場所でもその性質を保有したまま育つから、抜ける心配はいらないんです。

更新情報

記事リスト

TOP